ドラクエ10 強ボスソロ

天魔クァバルナ強|強ボスソロ+サポ3討伐

20130618-0313_69000706

一昨日でしょうか。天魔だけは勝てないと書いた舌の根も乾かぬうちに、強天魔のサポ3での討伐に成功してきましたのでまとめます。

ドラクエのコミュニティサイトのほうの冒険日誌に天魔だけはサポで勝ててないんっすわーと書いたら、チムメンから、

「勝ってる人いるみたいよ。〇〇さんとか△△さんとかで調べてみて」

とアドバイスをいただきました。

見に行ってみたら本当に勝ってます。しかも強天魔どころではなく、サポで全ボスを制覇したと書いてあります。

誰かが勝てるのなら自分も勝てるだろ、という根拠の無い自信に後押しされ、FF11でソロは死ねという風潮の頃に一年かけてレベル一個上げてた根気舐めんな、という気持ちいっぱいに、強天魔に挑みました。

構成

まずはその方のパーティ構成を参考にサポを厳選。
構成は以下の通りです。一部、ポイントとなったであろうステータス、アクセ等も併記。

▼武闘家(自分)Lv70

ツメ
HP370/守350/攻270くらい
めざましリング
木彫りのロザリオ
竜おま(炎耐性やや高め)

▼魔戦 Lv70

片手剣+盾
HP360/MP230くらい
銀のロザリオ

▼僧侶 Lv70

スティック+盾
HP360/MP280くらい
僧侶の証
銀のロザリオ
回復魔力480くらい

▼僧侶 Lv70

スティック+盾
HP340/MP300くらい
僧侶の証
銀のロザリオ
回復魔力500くらい

といった感じです。

耐性は借りるとき確認を怠ったのですが、どうやら睡眠Gもあったようで、僧侶二人は一度も寝ることはありませんでした。

さくせん

僧侶は終始「いのちだいじに」でした。

魔戦は、開幕「おれにまかせろ」で、バフのみに専念させつつ羽根を攻撃させない作戦です。「おれにまかせろ」にしてるとマジックルーレットもしないので、もし必殺が来たら切り替えてやる必要があります。(昨日は来ませんでしたが・・・)

通常通り天魔B(羽根なし)から削りにかかり、黄色くなった時点で魔戦を「バッチリがんばれ」に切り替えます。すると天魔Bの削りに参加してくれます。バイキルトを常に切らさず欲しいところなのですが、MPの残り具合しだいではマホトラが優先されてしまうので、必要に応じて「おれにまかせろ」にしてバイキルトを優先させつつ進めます。

やってみての感想としては、魔戦は杖でもいいかもしれないと思いました。杖魔戦のメリットは潤沢なMPと、極限のときの祝福の杖のありがたさですが、デメリットとして盾がつけられないことと、祝福の杖によるターン消費が一方で邪魔になることもあり、一長一短ですが。

上の戦略は、参考にした方の戦略をそのまま真似たのですが、結局魔戦はダメージソースとしてはほとんど役に立ってないように感じたので、剣魔戦で終始「おれにまかせろ」にしておくのが落としどころとしてはベストなのかもしれません。そうなると、旅芸人という選択肢も浮上してきますが、バイシオンしか無い、パサーが無いというデメリットと、様々なデバフと回復呪文、ハッスルダンスがあるというメリットがどのくらい相殺しあうのかがポイントでしょうか。機会があれば旅芸人も試してみたいです。扇旅芸人とか結構いいのかもしれませんね。

雑感

とにかく運がよかったというのが正直なところで、もう一度やっても勝てるかどうかちょっと微妙です。盾ガードやロザリオの発動率が高く何度もそれに助けられたり、ひっさつがそれぞれに2-3回ずつ来たので、何度も劣勢を立て直すチャンスに恵まれたりしたのは大きかったと思います。

一度、僧侶が天使無しで1人になったときにひっさつが来て、盾ガードしつつの聖者の詩詠唱完了なんて場面もありました。神がかってラッキーで、それがなかったら全滅していたような気がします。

確定の要素として有効に働いたと思えるのはHPで、守備力が350程度で天魔の爆裂をフルに食らうと320程度持っていかれますが、今回のメンバーは全員がそれを越える最大HPを持っていたので、爆裂一発で死ぬ事がなかったというのはとても大きいと思います。

また、聖女の祈りを僧侶二人がマメにかけまくって、ほぼ常時聖女がかかった状態でやれたのも大きかったです。全体通して、それぞれが1-2回しか死んでないと思います。死ぬとリカバリに2T分のコマンドが必要で、かつ蘇生後当人は1T程度の待機時間がありますが、死ななければ1Tで回復するうえ、当人は攻撃し続けられて、そこには雲泥の差があります。まず死なないようにする、というのはとても大事だなと感じました。

MPは、正直全く足りないので、せいすいを大量に持っていく必要があります。今回僕は20本使いました。一回で勝てたからよかったですが、そういう意味でも二度やりたくはないですw

相手にマホトラもあるし、いざと言うときにMPが無いとサポだけ生きててもどうしようもないので、僧侶のMPが50を切ったらすぐにせいすいを投げてました。戦況が安定しているときには連続して聖水を投げて、皆のMPが潤沢に回るように努めました。

討伐時間は13分43秒。随分長く感じましたが、Aの羽根が落ちるまでが5分なので、Aのみになってからのほうが長くやっていたんですね。ちなみに羽根が落ちるまでに倒しきることはできず、AB二匹を相手にしてた時間も結構ありました。なんとか耐え切れてよかった。

1匹になってからは格段に楽なので、なんとかそこまで最速でたどり着けるよう、武闘家を最強に仕上げるのもかなり大事なのかもしれません。とはいえ、パッシブを前提にするなら、攻撃力はあとは武器錬金でしか上げられません。いい武器は平気で百万単位します。ちょっと僕には手が届かない世界ですね。

この記事が、少しでも貧乏ソロプレイヤーの参考になれば幸いです。

2 comments

  1. すばら!
    同じ方法でもう少しのところまでいけましたw
    パラでなんとか行けないかと思考中でごじゃいます・・・

    1. コメントありがとうございます。
      僕もなんとかパラでもやってみたいのですが、なかなかに難しかったです・・・。
      成功をお祈りしています!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

nineteen + 6 =